« スケーラブルWEBサイト | メイン | リーン開発の本質 »

2008年4 月21日 (月)

Tomcatのオートリロード

Tomcatのserver.xmlでオートリロードに設定していなくても、web.xmlを更新すると、設定が再読込され、サーブレットが初期化される。オートリロードの設定は、classesとlib以下のみであるため(下の本に書いてあった)。これまで、オートリロードに設定しているから、web.xmlをtouchしたら更新されるのかと思っていたが勘違いだった。
このとき、classesも更新されるのだろうか?今度試してみよう。
無知のせいで、障害を出してしまったが、怠惰が原因よりはましか。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a01287585694c970c0120a68392dc970b

Tomcatのオートリロードを参照しているブログ:

コメント

gami

Tomcat6ではweb.xmlを編集しても、リロードされない。

Contextをserver.xmlに書いてるからかも、context.xmlでなくて。

gami

classも再読込されたが、なぜか503エラーが出ることがあった。不安定になる可能性があるので、ユーザがアクセスするところではやはりTomcatを再起動する必要があると思われる。

この記事へのコメントは終了しました。