« HaskellでProject Euler | メイン

2010年6 月 4日 (金)

Scalaでべき剰余演算

べき剰余とは、べき乗の余りのこと。例えば、5の3乗を13で割った場合のべき剰余は8である。Wikipediaにべき乗の余りを高速に計算するコードがあったので、Scalaで書き換えてみた。 Wikipedia 冪剰余

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a01287585694c970c0133efbeb7ab970b

Scalaでべき剰余演算を参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。