« CakePHP1.1でレプリケーションを使う | メイン | FacebookのTwitterアプリでアカウント変更できない »

2009年6 月20日 (土)

Mobile Safariでのコピーアンドペーストを無効にする

iPhoneOS3.0にアップデートしたら、作成していたjavascriptのアプリケーションで、touchendイベントの効きがおかしくなった。

原因はコピーアンドペースト用の選択イベントが優先されるため。

これを回避するには、任意のエレメントのスタイル情報に、

-webkit-user-select : none;

と、指定する。選択されなくなる。コピーアンドペーストを禁止したい場合もこの指定でよいはず。

これは、WebkitのCSS拡張で、他にもいろいろある。

Safari CSS Reference

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a01287585694c970c012875856993970c

Mobile Safariでのコピーアンドペーストを無効にするを参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。